あえて愛と呼びたい

 

このあいだ、ニコニコ超会議に行った。
前々から行きたかったのだけれど、なかなかタイミングが合わず、初参加。目当ての一つは初音ミク×中村獅童による超歌舞伎。2009年から始まって、一部で盛り上がりを見せていた初音ミクのライブと歌舞伎のコラボ公演だ。

初音ミクのライブはいろんな意味で興味深くて、以前からけっこう注視していた。ディラッドスクリーン(透明な特殊スクリーン)に高精細プロジェクターを使って初音ミクの姿を投影する例のあれだ。

Continue Reading →

「咲いたね。」

花より団子

ぼくらは何を見ているのか

ボトムアップの感覚入力と、トップダウンの感覚処理。そのバランスで生まれてくるヒトの情動・内的反応。その結果立ち上がるヒトの社会。ユキュスキュルがかつて指摘したように、感覚を知ることは世界を知ることに繋がる、ということを強烈に思い起こされる動画だ。

Continue Reading →

2016年

Continue Reading →

Structure and function of neonatal social communication in a genetic mouse model of autism

T Takahashi, S Okabe, P Ó Broin, A Nishi, K Ye, M V Beckert,  T Izumi, A Machida, G Kang, S Abe, J L Pena, A Golden, T Kikusui and N Hiroi

A critical step toward understanding autism spectrum disorder (ASD) is to identify both genetic and environmental risk factors. A number of rare copy number variants (CNVs) have emerged as robust genetic risk factors for ASD, but not all CNV carriers exhibit ASD and the severity of ASD symptoms varies among CNV carriers. Although evidence exists that various environmental factors modulate symptomatic severity, the precise mechanisms by which these factors determine the ultimate severity of ASD are still poorly understood. Here, using a mouse heterozygous for Tbx1 (a gene encoded in 22q11.2 CNV), we demonstrate that a genetically triggered neonatal phenotype in vocalization generates a negative environmental loop in pup–mother social communication. Wild-type pups used individually diverse sequences of simple and complicated call types, but heterozygous pups used individually invariable call sequences with less complicated call types. When played back, representative wild-type call sequences elicited maternal approach, but heterozygous call sequences were ineffective. When the representative wild-type call sequences were randomized, they were ineffective in eliciting vigorous maternal approach behavior. These data demonstrate that an ASD risk gene alters the neonatal call sequence of its carriers and this pup phenotype in turn diminishes maternal care through atypical social communication. Thus, an ASD risk gene induces, through atypical neonatal call sequences, less than optimal maternal care as a negative neonatal environmental factor.

Continue Reading →

ないしょ

Continue Reading →

立ち止まって

Continue Reading →

Continue Reading →

西瓜日和

Continue Reading →

Noxious or Non-noxious Inputs to Oxytocin Neurons: Possible Roles in the Control of Behaviors

Tatsushi ONAKA, Shota OKABE, Yuki TAKAYANAGI,  Masahide YOSHIDA

Oxytocin plays an essential role in milk ejection and parturition in mammals. Oxytocin has also been shown to be involved in the control of various behaviors, including anxiety-related behaviors, food intake and affiliative behaviors. We previously showed that noxious stimuli or stimuli previously paired with noxious stimuli (conditioned fear stimuli) activate hypothalamic oxytocin neurons via activation of brainstem catecholaminergic/prolactin-releasing peptide (PrRP)-positive neurons. Oxytocin neurons are activated not only by noxious stimuli but also by non- noxious touch stimuli. Social contact has been suggested to activate oxytocin neurons. Non-noxious tactile stimuli induce 50-kHz ultrasonic vocalization, an index of positive states in rats, and activate hypothalamic oxytocin neurons, suggesting that pleasant tactile stimuli activate oxytocin neurons. Physiological roles of oxytocin released during noxious or non-noxious tactile stimuli remain to be clarified. Noxious stimuli increase anxiety-related behavior, while pleasant sensory stimuli have pro-social actions. We have shown that endogenous oxytocin reduces anxiety-related behaviors, induces a decrease in amounts of food intake per meal, and facilitates social recognition via distinct neural pathways. Roles of oxytocin released during sensory stimuli may be dependent upon the sensory stimuli used, and oxytocin may contribute to the prevention of overreactions to noxious stimuli or mediate pro-social or anxiolytic actions of pleasant tactile stimuli.

Continue Reading →

Activation of hypothalamic oxytocin neurons following tactile stimuli in rats.

Shota OkabeMasahide YoshidaYuki TakayanagiTatsushi Onaka

Gentle touching or stroking has anxiolytic actions and contributes to the establishment of an intimate relationship between individuals. Oxytocin administration also has anxiolytic actions and facilitates social behaviors. In this study, we examined effects of stroking stimuli on activation of oxytocin neurons and emission of 50-kHz ultrasonic vocalizations, an index of positive emotion, in rats. The number of oxytocin neurons expressing Fos protein was increased in the hypothalamus, especially in the dorsal zone of the medial parvicellular part of the paraventricular nucleus. The number of 50-kHz ultrasonic vocalizations was also increased. These findings suggest that pleasant sensory stimuli activate hypothalamic oxytocin neurons. Continue Reading →

SHIROBAKOの魅力

今、夢中になっているアニメがあります。
昨年末から放送しているP.A. Works制作のSHIROBAKOです。

ストーリー、作画、全てにおいて驚くほどクオリティが高く、毎週とても楽しみに視聴しています。視聴を重ねる毎に胸が高鳴り、感嘆のため息がでるので、今回、SHIROBAKOの何が魅力的なのか、その高鳴りに依って文章にまとめることにしました。 Continue Reading →

春風

Continue Reading →

バレンタイン

Continue Reading →

2015年

Continue Reading →

視野を拡げる想像力

 

六本木にある写真ギャラリー IMA CONCEPT STORE。様々な写真集が並ぶこの空間で、先日、連続講義「写真とサイエンス−視野を拡張するビジュアル表現−」の最終回が行われた。

ゲストは「マインドゲーム」、「ピンポン」などで知られる湯浅政明さん、宇多田ヒカルのPVアニメパートやSHORT PEASEのオープニングアニメ、さらに近年では演劇も手がけた森本晃司さん、そして、代替現実(SR)システムを開発した脳科学者の藤井直敬さん。アニメイション監督と脳科学者という異色のクロストークは、私たちが認識する「世界の現実感」を揺さぶるものとなった。

Continue Reading →

美少女の美術史

所用のため静岡へ行っていた。
ぼくが通っていた高校は静岡は日本平の茶畑の中にある。日本平は県立大学や動物園、中央図書館などが並ぶ文化地区なのですけれど、県立美術館もそこにある。そこで運良く気になっていた企画展が巡回しに来ていた。

Continue Reading →

2014

Continue Reading →

「うさぎスマッシュ」!

東京都現代美術館で開催中の「うさぎスマッシュ」。
とても刺激的だった。素晴らしい、というよりは共感したという感じ。

「世界に触れる方法(デザイン)」という副題の本展示。ぼくらの周りに拡がる曖昧模糊とした世界に対し、どのような接し方の可能性があるのか、という命題を抱えた作品が集められていた。それらはとても奇妙な、けれど極めて真面目でリアルな存在感を放ち、普段ぼくらがなかなか目にすることがない、あるいは見ないふりをしている世界の裏側、”ワンダーランド”へと鑑賞者を誘っているように思えた。 Continue Reading →

トゥーンシェードの未来その2

前回の続きの妄想。
2013年10月から放映中の「蒼き鋼のアルペジオ」。

本作はキャラクターや戦艦のほとんどすべてがフル3DCGで制作されている。ロボットや戦闘機などいわゆるメカメカしい対象を3DCGで描くことはもはや定番になってきている。一方、キャラクターまでをも3DCGで描くことはまだまだ珍しい現状で、大きな挑戦だと思った。

Continue Reading →

人と動物にまつわる作品

先月18日、岩波ジュニア新書から発売された「動物を守りたい君へ」。
著者は麻布大学野生動物学研究室の高槻成紀先生です。獣医学部がある麻布大学には動物好きな中高生がたくさん集まってきます。「傷ついた動物を癒してあげたい」という思いを抱いている学生が多い獣医大学。そんな動物好きの学生に高槻先生が抱いた「違和感・疑問」から本書は始まります。 Continue Reading →

変態王子とスキマスキなぼくら

Qさんの展示を拝見しに新宿MUJIcafeに行きました(最初、間違ってcommce cafeに行ってしまいました)。間近で作品を見るのは3度目だけれど、とても面白かったです。ぼくらの知覚を試されているような気がする一方で、そもそも何を試されているのか分からなくなる点が刺激的でした。

Qさんの作品には色鮮やかな絵の具で、輪郭線のない、いくつもの色が解け合う幻想的なモアモアが描かれていることが多くあります。離れて見ると、それが花だったり一定のパターンだったりすることが分かるのだけれど、近くで見ると色が氾濫してカタチやパターンが分かりません。鑑賞者と作品の距離感で作品の見え方が著しく変わります。さらに、絵の具を蛍光塗料に、照明をブラックライトに変えることで画面の表情が一変するような作品もありました。「見え方はいくつもある」、それがぼくが今まで拝見した作品の根底にあるように感じていました。 Continue Reading →

Transport Response is a filial-specific behavioral response to maternal carrying in C57BL/6 mice.

Yoshida SEsposito GOhnishi RTsuneoka YOkabe SKikusui TKato TKuroda KO.

A mother carries her young in many altricial mammals, such as cats, lions, rats and mice. During maternal carrying, the transported young assume a compact posture. We have recently shown that, in both humans and mice, the carried infants immediately calmed down and showed reductions in heart rate, distress vocalizations, and voluntary movement. The loss of the calming response in mouse pups hindered maternal retrieval efficacy. These findings suggested that the infant calming response functioned to reduce the maternal burden of carrying and was therefore conserved in a variety of mammalian species. However, it remains unclear how and when each component of this calming response develops and whether it is a filial-specific behavior.

Continue Reading →

そんな世界でなにを想う?

ダークホースなアニメイション「ガッチャマンクラウズ」が予想以上にダークホースだったので、妄想が沸き立ちメモ。

「あらゆるネットが根根を巡らせ、光や電子となった意思をある一方向に向かわせたとしても“孤人”が複合体としての「個」となる程には情報化されていない時代…」

これは攻殻機動隊 stand alone complexのイントロダクションに登場する言葉です。脳をデバイス化することで個人の感覚を直接他者に伝達できたり、記憶を共有化することが可能となった近未来が舞台となっている同作。自他の境界が曖昧になったことで、個人の認識、行動が他者に強く伝搬し、意識の奥深く、時には無意識にまで浸透するようになった世界。そんな世界観を背景に、個々人の独立した挙動が、カリスマ・英雄をハブとし、全体としては一定の方向性へ動き始める、stand alone complex現象が描かれています。 Continue Reading →

トゥーンシェードの未来

先日、神山健治監督の「009 RE:CYBORG」を観ました。主にその表現手法についてびっくりしたことがあったので、つらつらとメモ。

3DCGアニメイションにセル画の質感をテクスチャとして貼付ける技術(トゥーンシェーディング)は結構以前からあり、所々でその姿を見ることが出来ました。けれど、なれないうちは、動きの様子や影の質感などに大きな違和感を感じました。というか、ただでさえ、3DCGは不気味の谷問題で違和感を払拭するのに苦心しているのに、そこにセル画(2D)を加えたら、もっとすごい違和感が生まれるのは、予想に難しくありません。たとえば、Apple Seed (2004)はトゥーンシェーディングに加えて、アニメイションにモーションキャプチャまで使っていたので、アニメチックなキャラクタアがぬるぬる動いて、ものすごく違和感を抱きました(その違和感も大好き。慣れてくるから不思議です)。

Continue Reading →

Pup odor and ultrasonic vocalizations synergistically stimulate maternal attention in mice.

Okabe SNagasawa MKihara TKato MHarada TKoshida NMogi KKikusui T.

Pup ultrasonic vocalizations (USVs), which are emitted by hypothermic pups, and pup odor are thought to be triggers of maternal behavior in mice. We investigated whether pup odor stimulated maternal responses to pup USVs in mother C57BL/6 mice. Two-choice tests were conducted by introducing mothers into a test cage in which a tube was attached on each long wall, and the duration spent in each tube was compared. Pup USVs were reproduced by an ultrasonic speaker at the tube end. In some cases, cotton with pup odor was also presented at the end of the tube. Continue Reading →

Testosterone inhibits facilitating effects of parenting experience on parental behavior and the oxytocin neural system in mice.

Okabe S, Kitano K, Nagasawa M, Mogi K, Kikusui T.

Parental behavior in mammals is facilitated by sensory experiences from infant, and by endocrine hormones. However, the interactions between these factors in the parental behavior of nonreproductive adults are not understood. We examined the interactive effects of gonadal hormones and the experience of repeated pup exposure on parental behavior in sexually naive mice. We also compared oxytocin (OT) expression levels in the paraventricular nucleus of the hypothalamus to behavioral outcomes. Clear sex differences were observed in retrieving tests; initial retrieving latency was shorter in females than in males, and 5-time pup exposure shortened retrieving latency in females only. Continue Reading →

実像と虚像の間をゆらゆらと

『惡の華』を観ました。あまりこういう言葉は使わないのだけれど、言わせていただくと、「ぶったまげ」ました。なんと、このアニメ、全編ロトスコープで作成されているのです!なぜ、今ロトスコープなのか。駆け巡る妄想を忘れぬようにメモ。

Continue Reading →

絶対防御

Continue Reading →

2013

Continue Reading →

TAWAMIかるたTAWAMI伍景TAWAMI伍景resizeTAWAMI伍景ポスターバージョンresize

tawami

Continue Reading →

CGMとキャラクタ

今さらなんだけれど、初音ミクに強い関心を抱きました。

そして、乱雑極まりない妄想が広がってしまいました(恐らくこういった妄想って15,6年くらい前からいろいろな方が抱いていたんだと思います。)

Continue Reading →

妄想のシェア

どんな時に興奮しますか?

人それぞれ、いくつかあると思うけれど、ぼくは妄想を膨らませる時にたまらなく興奮します。妄想がだれかに 理解され、シェアされた時にも興奮します。そのような興奮はまるで炭酸水のようなヒリヒリする刺激で、おおむねモノクロな日常に鮮烈な色彩を与えてくれま す。最近、その興奮を感じさせてくれるできごとが2つありました。

Continue Reading →

Oppaiの心理学 リローデット

「人工Oppai触りつつ視覚刺激が美女から野郎に切り替わった時に生じる情動的変化。でもこれって、可塑性無さそうだよなぁ。何となくだけど。野郎刺激見ながら人工Oppaiモミモミして、刺激が美女に切り替わった途端ムハー!!ってなるかな。ならんだろうな。」

Oppai と美脚とかしゆかに只ならぬ思い入れをお持ちでいらっしゃるcocoroshさんという方が、twitter上でこんなことをつぶやいておられました(詳細は「おっぱいの心理学」および「おっぱいの心理学リローデッド」を参照ください)。そ して、いつものごとく、ぼくにとってもこのつぶやきの内容は大変興味深いものでした。というのも今年こんな論文がPNASに発表されたからです。

Continue Reading →

たわみの中の雛鳥

誰かのね、TAWAMIの中に、インコだかオウムだか、とにかくそういう類の赤い鳥がつがいで住んでいたの。

ある日、雛が生まれたのか、ぴーぴーぴーぴーいっていたからTAWAMIの裾をそっとめくってみたら、やっぱり雛鳥がいたの。口をぱくぱくさせて。

ぴーぴーぴーぴー。

でも、驚いた親鳥たちはそこから飛び出していってしまって、雛鳥はおいてけぼり。

そっと手にとって一生懸命温めたけれど、かわいそうな雛鳥はみんな死んでしまったの。

だから、TAWAMIの中には卵の殻の、かけらだけ。

Importance of mother-infant communication for social bond formation in mammals.

Okabe SNagasawa MMogi KKikusui T.v

Mother-infant bonding is a universal relationship of all mammalian species. Here, we describe the role of reciprocal communication between mother and infant in the formation of bonding for several mammalian species. Mother-infant bond formation is reinforced by various social cues or stimuli, including communicative signals, such as odor and vocalizations, or tactile stimuli. The mother also develops cross-modal sensory recognition of the infant, during bond formation. Many studies have indicated that the oxytocin neural system plays a pivotal role in bond formation by the mother; however, the underlying neural mechanisms for infants have not yet been clarified. The comparative understanding of cognitive functions of mother and infants may help us understand the biological significance of mother-infant communication in mammalian species.

© 2012 The Authors. Animal Science Journal © 2012 Japanese Society of Animal Science.

 

散歩

Continue Reading →

リミテッドアニメイションで誇大妄想

リミテッドアニメイション(Limited animation)というものがあります。

これはアニメイションの表現手法の一つであり、簡略化された抽象的な動作を表現するために、キャラクタアの動きなどを簡略化、コマに対する画の枚数を減らす手法です。ディズニーアニメイションスタジオでレイアウト設計などを担当していたジョン・ハブリー(John Hubley)がソビエトアニメの創始者といわれるイワン・イワノフ=ワノ (Ivan Ivanov-Vano) 監督のアニメ作品に感銘を受け、ディズニーを退社、独立後に仲間と共に開発したといわれています。最初は実験的な作品が多かったそうですが、1940年代ごろから”Brotherhood of Man”など本格的なリミテッドアニメイションの制作がスタートしました。

Continue Reading →

そろそろ

「春一番、ふくかな?」

共感するということ

最愛のペットを失い涙する飼い主をみて、悲しい気持ちになる。

スポーツの試合で歓喜をあげるアスリートをみて、うれしい気持ちになる。

寝ている赤ん坊の瞳にキスをする母親をみて、おだやかな気持ちになる。

Continue Reading →

Oxytocin and mutual communication in mother-infant bonding.

Nagasawa MOkabe SMogi KKikusui T

Mother-infant bonding is universal to all mammalian species. In this review, we describe the manner in which reciprocal communication between the mother and infant leads to mother-infant bonding in rodents. In rats and mice, mother-infant bond formation is reinforced by various social stimuli, such as tactile stimuli and ultrasonic vocalizations (USVs) from the pups to the mother, and feeding and tactile stimulation from the mother to the pups. Some evidence suggests that mother and infant can develop a cross-modal sensory recognition of their counterpart during this bonding process. Neurochemically, oxytocin in the neural system plays a pivotal role in each side of the mother-infant bonding process, although the mechanisms underlying bond formation in the brains of infants has not yet been clarified. Impairment of mother-infant bonding, that is, deprivation of social stimuli from the mother, strongly influences offspring sociality, including maternal behavior toward their own offspring in their adulthood, implying a “non-genomic transmission of maternal environment,” even in rodents. The comparative understanding of cognitive functions between mother and infants, and the biological mechanisms involved in mother-infant bonding may help us understand psychiatric disorders associated with mother-infant relationships.

古典芸能と偽物

「オリジナリティは存在せず、全ては模倣から生まれる」

Continue Reading →

塔の上のラプンツェルを観て誇大妄想

「塔の上のラプンツェル」を観ました。
ストーリーは王道のプリンセス物語、ミュージカル風になっていて昔のディズニーらしさが溢れる素敵な作品でした。

ディ ズニーは基本的にキャラクターごとにアニメーターの班が割り当てられるそうですが、アリエルとターザンとラプンツェルの動き(とくに表情)がとても似てい ると思って調べたら、すべてグレン・キーンが担当していました。それは、似ますよね。ディズニーランドの新しいアトラクション、フィルハーマジックのアリ エルも如実に似ている気がしますが、あれもグレン・キーンが担当したそうです。面白いですね。

Continue Reading →

アートディレクターの仕事とヒトの認知のことについて

PVやショートムービー、広告など人に興味を持ってもらうための動画がたくさん存在しています。そういった人の注意を惹きつけるものにはいくつかの共通点があると最近思い始めました。そして、その共通点は人の認知機能の特性を絶妙にとらえたものであるような気がします。

昨年の年末、そういった思いからtwitter上で妄想をぶちまけたのですが、忘れないようにこちらにもメモしておくことにいたします。

Continue Reading →

おっぱいの心理学

先月終わり、twitter上でおっぱいに関して大変おもしろい妄想が繰り広げられました。このtogetterは必見です。

ぼくはOTとおっぱいに話を集約して妄想を膨らませた。
これは科学的根拠の乏しい誇大妄想ですが、メモしておきます。

Continue Reading →

見知らぬ土地で

Jhumpa Lahiriの『見知らぬ土地で』を読みました。
『停電の夜に』、『その名にちなんで』に続く三作目の短編/中編集です。

前二作と同様、今回の作品でもモチーフとしてインドからの移民が扱われています。
故郷のインドを離れアメリカへ移住した人々の、異文化間で揺れ動く心の模様が淡々とした艶やかな文章で丁寧に描かれています。しかし、これまでの作品と決定的に異なり、本作では移民第一世代だけではなく、その子どもたちである第二世代の生活も描かれています。

Continue Reading →

2012

Continue Reading →

SYNAPSE Project

SYNAPSE Projectと は、研究者を中心に、それぞれ異なるバックグラウンドを持ったメンバーが集まるSYNAPSE Lab.による活動の総称。
特に、大学の研究や学問をひとつのコンテンツとして捉え、その魅力をより多くの人へ届けるため、社会、環境、アート、デザイ ン、建築、メディアなど専門領域の枠組みを飛び越えたイベントやメディア発信を研究者自らが関わり編集・企画・運営していく。様々 な研究と異分野との交流を通じて、一見閉鎖的な空間であるアカデミズムを、ダイナミックに編集し、新たな魅力を引き出していく。学問を様々な領域と融けあ わせることにより、既存のヒエラルキー構造を壊し、新しい文脈を創り出し、学術の新しい社会的循環を産み出すことを目指していく。
メディア制作時には、研究者、編集者、デザイナーが対等な立場で、企画・構想段階から一丸となり、ハイ・クオリティな制作物を実現する。また、プロジェク トのメンバーがこれまでサイエンス・コミュニケーションの世界で培っ てきたノウハウをもとに、単なる学術紹介ではなく、事物や世界の本質に迫る「Sense of Wonder」をテーマに、様々な団体とのコラボレーションや自主企画を展開している。

This project were supported by Social Venture Start-up Market

孔雀

庭の裏に孔雀がたくさん生息しているのだけれどね
夏場は熱射病にならないように
おじさんが地面に水を撒いてやるわけなのね。

そうするとさ、ぼんやりと陽炎が立ち上ってくるんだけれど
広がる大きな孔雀色の羽とかん高い独特な鳴き声
それと夏場の鈍重な光線があいまって
それはもう
ぐわんぐわんって熱にうなされる感じになっちゃうんだよね。

そのことを知ってか知らずか
孔雀たちはぼくの前で羽をめいいっぱい広げ
湯気と陽炎の中で踊りだすんだよ。
そうなったら
もう孔雀につき合うほかないよね。

.

SYNAPSE Classroom vol. 「食のメタモルフォーゼ」

学術と社会を繋ぐメディアプロジェクトとして活動してきたSYNAPSE projectは、この度、新しいシリーズ企画・SYNAPSE Classroom をスタートさせます。さまざまな研究者の方を講師に迎え、それぞれのクリエイティビティ溢れる研究テーマから、現代におけるメディアや社会、私たちが受け 取る世界のあり方などを探っていきます。

今回のテーマは「食」。ゲストに農学博士の高橋迪雄先生をお迎えいたします。
「ヒトはお かしな肉食動物(講談社+α文庫)」の著者である高橋先生は、東京大学教授を経た後、味の素株式会社健康基盤研究所所長を務め、私たちの「食」に必ず含ま れるアミノ酸や植物素材の研究に携わってこられました。我々の食事情や食文化を「生き物としてのヒト」という観点から見つめ、「ホモサピエンスとしてのヒ ト」と「文明人としての人(ヒト)」の間にあるミスマッチについても言及しています。当日は、「食」にまつわるさまざまなお話を高橋先生に伺っていきま す。

Continue Reading →

拝啓、ヘンリー・ダーガー様

アリナさんのススメで先月23日から開催されている。
ヘンリー・ダーガー展~アメリカン・イノセンス。純真なる妄想が導く「非現実の王国で」』に行ってきました。

9 歳から死の数年前まで執筆、作画したとされる彼の小説『非現実の王国で』は、彼が部屋を去った後、部屋の片付けに入ったアパートの大家によって発見され た。そこには子供を奴隷として虐待する暴虐非道な男たちを相手に、壮絶な戦いを繰り広げる7人の美少女姉妹の物語が、計15,000ページ以上にわたり綴 られていた。親との死別や施設での生活を経験し、生涯を孤独に生きたダーガーは19歳の頃から死を迎える数年前までの間、誰にも知られることなく膨大な数 の挿絵と共にこの作品を紡いでいたとされている。そしてダーガーは自分の死後、自分の創作物を捨ててほしいと望んでいたともいう…。

(REDonePRESSより引用) Continue Reading →

夢の話

夢を見ました。

夢の中でぼくは誰かと一緒に歩いていました。

小高い丘に続く下り坂のような上り坂。
舗装された道路ではなく、雨水で深く削られた、
ちょうど三角定規の角を下にしたようなでこぼこ坂です。

Continue Reading →

神経科学大会後日談

9月14日から17日にかけてパシフィコ横浜で日本神経科学大会が開催されました。
今年のテーマは「こころの脳科学」。

脳科学という言葉がメディアに取りざたされてから久しく、テレビや雑誌を通して多くの人が脳に興味を持ち、その不思議を楽しむ機会が劇的に増えました。

け れど、その反面、「脳科学」という分かりやすいワードと共に疑似科学、時には神経神話とまで揶揄されてしまう多くの誤解も生まれてしまいました。テレビな どのメディアで脳科学のトピックを扱うのは危険なのではないか、一部ではそのような議論も生まれ、研究者とメディアとの溝が広がってしまったこともありま した。

そもそも、脳を研究するとはどういうこと?

Continue Reading →

anime

渋谷SUNDAY ISSUEにて昨日まで開催されていた谷口真人さんの個展「アニメ」を拝見しました。とっ散らかっているかもしれないけれど、感想、考えをつらつらと。

そこには鏡に描かれた儚げな少女と、鏡の前にあるアクリルに少女を象るように強烈に塗りつけられた絵具がひとつになった作品がありました。
それは人が想い描く理想(=少女)と、その理想には辿り着けないという突きつけられた現実(=塗りつけられた絵具)が見事なバランスで表現されたものだとぼくは感じました。それと、同時にぼくはこれら作品群を見て、九相詩絵巻を思い出しました。

Continue Reading →

イヌを見ていたら、不思議に思えました②

前回もご紹介したこちらの動画。これに関連してまた不思議に思えることが膨らんできました。

それは、ぼくらがこのイヌを見て「このイヌはこう思っているんだろうなあ」と擬人化、共感できる点です。イヌは自分の感情を言葉で表していません。目をしばしばさせて、口をゆがめているだけです。それでも、ぼくらはイヌの不安を”主観的”に感じることができます。

では、なぜ、こんなことが可能なのでしょうか?

Continue Reading →

イヌの人表情弁別能力

先日、ナガサワさんの研究がAnimal Cognitionにアクセプトされました。

「イヌもヒトの笑顔が分かる」ということで、 各メディアでも大きく報道されました。ラボメンバーとして、苦労して成し遂げた研究が注目される事はとても嬉しい事です。しかし、ネットを見ていると、研 究の意義が誤解されて伝わっているように見受けられる事が何度かありました。そこで、ぼくなりに今回のナガサワさんの研究を整理したいと思います。

まず、今回の研究の内容は

“イヌ(スタンダードプードル、ラブラドール、計5匹)に対し飼い主の笑顔と無表情の写真の弁別訓練を行い、その後、本実験において、飼い主のさまざまな笑顔と無表情の写真や、複数の見知らぬ男女の笑顔と無表情の写真をイヌに対して並置呈示。
その結果、どのイヌも飼い主および飼い主と同性の見知らぬ人の写真呈示において、有意に高い確率で笑顔を選択することがわかった。”

というものになっています。

Continue Reading →

A role for strain differences in waveforms of ultrasonic vocalizations during male-female interaction.

Sugimoto HOkabe SKato MKoshida NShiroishi TMogi KKikusui TKoide T.

Male mice emit ultrasonic vocalizations (USVs) towards females during male-female interaction. It has been reported that USVs of adult male mice have the capability of attracting females. Although the waveform pattern of USVs is affected by genetic background, differences among strains with respect to USV and the effects of these differences on courtship behavior have not been analyzed fully. We analyzed USV patterns, as well as actual social behavior during USV recording, in 13 inbred mouse strains, which included laboratory and wild-derived strains. Significant effects of strain were observed for the frequency of USV emission, duration, and frequency of the waveform category. Continue Reading →

2011年

「虎のおっさん、帰った??キャロットジュースちょーだいよ!」

The effects of social experience and gonadal hormones on retrieving behavior of mice and their responses to pup ultrasonic vocalizations.

Okabe SNagasawa MKihara TKato MHarada TKoshida NMogi KKikusui T

Pup ultrasonic vocalizations (USVs) are emitted from maternally separated pups and are thought to be a trigger for eliciting maternal behavior in mice. We investigated the effects of social experience and gonadectomy on the retrieving behavior of mice and their responses to pup USVs produced by a nanocrystalline silicon thermo-acoustic emitter. In each experiment, virgin, gonadectomized, sham-operated, sexually experienced, and parenting mice of both sexes were used, and the effects of these manipulations were compared in each sex. The retrieving behavior of both sexes increased with social experience or gonadectomy. In particular, mothers showed the highest retrieving activity among female groups, while castrated male mice showed the highest retrieving activity among male groups. Continue Reading →

2010年

Continue Reading →