妄想を具現化するひとたち

Posted on 2013年9月18日

大好きなDisney Researchがまたやってくれました。物体の運動軌跡や動点をアニメーターが描けば、その動きを再現できる最適な機構をコンピュータグラフィック上の歯車と金棒で構築してくれるソフトウェア。3Dプリンタの登場で、実物まで作れちゃうそうです。

プレスリリース、原著論文はこちら http://www.disneyresearch.com/project/mechanical-characters

Disney Researchはカーネギーメロン大学,MITなど複数の研究機関と協力してCG、パークのアトラクション、インターフェイスの開発を自前で行うことを目的とし2008年に設立されたWalt Disney Companyの研究開発部門です。 スクリーンショット 2013-09-18 23.31.54 (Disney ResearchのWebサイト)

Disneyはいち早く2Dと3Dの両方を使ってアニメイションを作れる環境の開発を行ってきました。美女と野獣、ターザン、トイストーリー以降のPixar黄金時代、そして塔の上のラプンツェルやPapermanを見たときに覚えた感動がこういった環境開発に支えられていることをここ数年で知りました。そして、そんな環境開発をさらに充実させるためにDisneyが自前でエンジニアを抱え、積極的な研究開発を行っていることを知りました (paper manについてはこちら, ラプンツェルについてはこちら)。 ウォルト・ディスニーはアニメイションの発展を技術面でも大きく支えてきたと言えます。そういった思想を受け継ぎ、アニメイション、アニメイションマーケットの更なる発展のための研究開発を続け、アニメイタアの妄想を具現化できる環境を整えている姿勢はすごいなあと思いました。 最後にDisney Reserachから引用。

“As part of The Walt Disney Company, Disney Research draws on a legacy of innovation and technology leadership that continues to this day. In 1923, Walt Disney sold his animated/live-action series the Alice Comedies, founded his eponymous company, and launched a succession of firsts: The first cartoon with fully synchronized sound (1928). The first full-color cartoon (1932). The first animated feature film (1937). The first modern theme park (1955). The Walt Disney Company was also an early leader in entertainment technology development with inventions like the multiplane camera, Audio-Animatronics, Circle-Vision 360°, and Fantasound. In 2006, The Walt Disney Company acquired Pixar Animation Studios, a move that brought a host of valuable creative and technology assets, including a strong culture of excellence in research. Pixar is a major generator and publisher of world-class research in computer graphics. Its scientists contribute directly to Pixar’s critically acclaimed films, consistently winning multiple technical Academy Awards®. The Pixar acquisition was a source of inspiration for the formation of Disney Research, and continues to influence the way we’re organized and run. Disney Research was launched in 2008 as an informal network of research labs that collaborate closely with academic institutions such as Carnegie Mellon University and the Swiss Federal Institute of Technology Zürich (ETH). We’re able to combine the best of academia and industry: we work on a broad range of commercially important challenges, we view publication as a principal mechanism for quality control, we encourage engagement with the global research community, and our research has applications that are experienced by millions of people. We’re honoring Walt Disney’s legacy of innovation by researching novel technologies and deploying them on a global scale.”

Disney Researchはたしか期限付きのグループだったような気がするけれど、どうなんでしょう。続いてほしいものです。